Threat Intelligence API | WhoisXML API

Threat Intelligence APIで最新の脅威に先行

ドメイン、URL、IPアドレス、CIDR表記のIPアドレスまたはハッシュについて、脅威の種類、最初に確認された日付と最後に確認された日付などの詳細情報を明らかにします。既存のセキュリティソリューションに簡単に統合することで、マルウェア、フィッシング、ボットネット、C&Cドメイン、スパムなどの脅威に効果的に対応できます。

お申し込み

100 APIクレジットが無料。クレジットカードは不要です。

680万以上のドメイン名
100万以上のURL
150万以上のIPアドレス
60万以上のファイルハッシュ

Threat Intelligence APIの特長

  • 包括的

    当社の広範なIoCリポジトリは、サイバー攻撃、ボットネットの使用、C&C、マルウェア、フィッシング、スパミング、Torの使用、不審な活動、ジェネリックなど、さまざまな脅威をカバーしています。

  • 高精度

    当社のThreat Intelligence APIは、サーバーログ、ハニーポット、OSINT、ISPのアビューズレポートなど複数のソースを使用しています。

  • 統合が容易

    クエリの結果はXMLおよびJSONの形式で出力します。ほとんどのシステムと高い互換性があります。

Threat Intelligence API | WhoisXML API

潜在的IoCの検証には、Threat Intelligence APIが有用です。今すぐアカウントを登録して無料でお試しください。

お申し込み

実践的な活用法

悪意あるリソースの特定とブロック

ドメイン名、URL、IPアドレス、CIDR表記のIPアドレスまたはハッシュに悪意があるかどうかをすばやくチェックし、すぐに拒否リストに追加して、より強固なネットワークセキュリティを実現できます。

脅威の検知と対応能力の向上

Threat Intelligence APIを貴社のシステムに統合して、悪意あるリソースを正確かつ迅速に検出しましょう。セキュリティチームのすばやい対応が可能になります。

脅威インジケータに対する深い洞察

脅威の種類、最初と最後に検出された時期、検出された回数を知ることで、リソースが関与した悪意あるアクティビティを明確に把握できます。

Threat Intelligence API | WhoisXML API

Threat Intelligence Data Feedファイルをダウンロードして、脅威の可視性を高めましょう。

当社のThreat Intelligence Data Feedでは、お客様のシステムにシームレスに統合できるよう、標準化されたさまざまなファイル形式でダウンロードできる10種類のデータを取り揃えています。